がん検診は大切|がん治療には副作用のない方法がある【免疫療法のすすめ】

がん検診は大切

診察

乳がんの症状

しこりは乳がんの代表的な症状の1つです。また、血性の分泌物が出てきたら注意しましょう。すぐに乳腺外科へ行くことが大切です。乳腺のひきつれを感じた場合も注意が必要です。手を上に挙げてひきつれを感じるかどうかチェックしましょう。

乳がん検診の大切さ

自分で乳がんの症状がないかチェックすることも大切ですが、定期的に乳がん検診を行なうことも大切です。乳がんは自覚症状がないまま進行している場合もあるのです。乳がん検診を行なうことで、早期発見に繋がります。他の病気もそうですが、がん治療は特に早期の治療が大切です。

がん検診についての疑問を解決しよう

どんながん検診がありますか?

対象臓器によってさまざまな検診があります。胃を例に挙げると、エックス線、胃内視鏡検査などがあります。乳房については、問診、マンモグラフィ、エコー検査などがあります。気になる方は医療機関のホームページを参考にしてください。

がん検診はどこで受けられますか?

各自治体でがん検診を受けることができます。各自治体によって費用や検査場所が異なりますので、確認することが大切です。また、多くの医療機関でがん検診が受けられるのでお近くの医療機関にお問い合わせしてみましょう。

がんの症状がある場合は?

がん検診は、がんの症状が無い人を対象としている検査になっており、早期発見を行なうための検査になります。がんの症状がある場合は、がん検診ではなく医療機関で診察を受けましょう。がんは早期治療が大切になります。

料金の高い検診が効果が高いのですか?

がん検診の料金によって効果が変わると一概に言うことはできません。高額であればより詳細な検査をしてくれる場合があります。しかし、がん検診にもさまざまな方法があるので、自分に合った方法を選ぶのが良いでしょう。

検診には痛みが伴いますか?

がん検診にも色々な種類があります。もちろん多少の痛みを伴う場合もあります。例えば、マンモグラフィによる乳がん検診は多少の痛みが伴うと言われていますが、医療技術の発達で痛まない検査方法も出てきています。

がん予防で大切なことBEST5!

no.1

ストレスを溜めない

第1位は「ストレスを溜めない」ということです。ストレスはどんな病気の原因にもなりかねません。現代社会においてストレスの無い生活というのはほとんど不可能でしょう。自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切です。

no.2

バランスの取れた食生活を送る

次に大切なことが、「バランスの取れた食生活を送る」ということです。食生活と発がんリスクは密接に関係していると言われています。例えば、大腸がんの場合は、動物性脂肪を取りすぎると発がんのリスクを高めるとされています。

no.3

定期的に検診を行なう

第3位は、「定期的に検診を行なう」ということです。早期発見を行なうことで、深刻ながんに陥ることを防ぐことができます。また、定期的に検診を行なうことで、日ごろから健康を意識することができます。

no.4

適度な運動を行なう

続いてがん予防で大切なことが、「適度な運動を行なう」ことです。研究によると、1日あたりの運動量が多い人ほど発がんのリスクが減少すると言われています。運動により肥満を予防できることも理由の一つです。

no.5

喫煙・飲酒はほどほどに

第5位は、「喫煙・飲酒をほどほどにする」ことです。喫煙は発がんのリスクを上げるとされています。肺がんや舌がんの患者は喫煙経験がある人がなりやすいとされています。また、過度な飲酒は肝機能に悪影響を及ぼします。

広告募集中