効果的な肺がん治療|がん治療には副作用のない方法がある【免疫療法のすすめ】

効果的な肺がん治療

医師とナース

第4のがん治療

がん治療は、外科治療・化学療法・放射線治療が一般的な治療だと言われています。しかし、近年「第4のがん治療」として免疫療法が注目されています。本来1人1人が持っている免疫機能を活かしてがん治療の目指す方法になります。一般的ながん治療と合わせて免疫療法で治療するという方法も可能です。

免疫療法の効果

肺がんの治療にも免疫療法は役立っています。肺がんの切除手術を行なった患者の中には、肺だけでなく骨やリンパ節などに転移している患者もいます。これは、がん幹細胞による影響だと言われています。抗がん剤や放射線治療はがん幹細胞を死滅させることができないので、免疫細胞を利用する必要があります。このように、肺がんの治療にも免疫療法は欠かせないものとなっています。

肺がんは男性に多い

肺がんの治療にも、免疫治療が活用されていますが、肺がんは特に男性に多いと言われています。肺がん以外にも色々ながんがありますが、どのようながんに気を付ければ良いのでしょうか。以下で他のがんについても見ていきましょう。

男性に多いがんランキング

no.1

肺がん

第1位は、肺がんです。男性の方が女性に比べて喫煙者が多いことも影響していると言われています。咳や呼吸困難といった症状が現れます。特に咳が続く場合には早期に医療機関へ行きましょう。

no.2

胃がん

次いで多いのが、胃がんです。近年は減少傾向にあるとされていますが、依然として多くの人がかかっています。ストレスを溜めないことや、ピロリ菌検査を行なうことが大切です。

no.3

大腸がん

第3位が、大腸がんです。女性にも多いとされている大腸がんですが、大腸がんの主な原因は偏った食生活が関係していると言われています。バランスの良い食生活を心がることが大切です。

広告募集中