免疫療法とは

がんの治療において副作用が不安だという方もいるでしょう。しかし、免疫療法という方法を取れば副作用の心配はいりません。免疫療法とは、患者の自然治癒力を利用する方法になります。以下で詳しく見てみましょう。

がん治療の比較

免疫療法

免疫療法は、元来患者が持っている免疫を利用してがんを治療する方法となります。副作用がなく、病気の再発防止にも役立ちます。また、免疫療法と併用して他の治療を行なうことができます。

放射線療法

放射線を使用してがんの治療を行ないます。副作用は多少ありますが、臓器の機能を残しながらの治療となります。がんの局所に行なわれるので、全身への影響が少なく、がん治療の効果が期待できます。

見逃さないためにも

乳がんは見逃されやすいとされています。乳がんを見逃さないためにも、乳がん検診を定期的に行なうことが大切です。乳がん検診には色々なルートがありますが、以下では、より一般的な流れについて紹介します。

乳がん検診の流れ

予約

乳がん検診が受けられる医療機関を予約しましょう。レディースクリニックや婦人科でも検診が受けられる場合があります。医療機関によってはインターネットで予約できる場合もあります。お問い合わせをして疑問点などを訊いてみるのも良いでしょう。

問診

月経周期や妊娠・出産歴といった婦人科に関することや、家族歴、病歴などの情報を伝えます。気になる症状がある場合は問診の際に伝えましょう。医療機関にもよりますが、約10分程度で行なわれます。

視触診検査

視触診検査は、医師が実際に乳房に異変が無いか調べる検査になります。乳房に変形や陥没がないのかどうかをチェックします。まれに視触診検査で乳がんの疑いが見つけられる場合があります。体への負担が少ないです。

画像検査

エコー検査やマンモグラフィ検査を行ないます。エコー検査は超音波を使って行なう検査で、放射線や薬を使用しないので安心して検査を受けることができます。マンモグラフィ検査は、乳がんの兆候を詳細に検査することができます。

診断結果

診断結果が出たら、その後について医師と話合いましょう。異常がなかった場合は、予防方法などを話し合います。乳がんが判明したら、具体的な治療方法について話合い、適切な医療機関への紹介を受ける場合があります。

副作用のないがん治療

病院

自然治癒力を利用

免疫療法とは、患者自身が持っている自然治癒力を利用してがんを治療する方法です。免疫細胞の種類によって免疫療法の名称が異なります。主に、活性化リンパ球療法とNK細胞療法に分けられます。

色々ながん治療で使われている

それらの治療方法はさまざまながんの治療に使われています。例えば、胆のうがんや肺がんの治療に役立っています。免疫療法は、患者1人1人の免疫細胞を利用するので、副作用の心配もないですし、病気の再発防止という観点からも注目されています。

広告募集中